瓦礫の中のゴールデンリング

プロフィールはこちら https://profile.hatena.ne.jp/mitahiroshi/

久しぶりの…。

今日は久しぶりにカッティング(編集)に立ち会いました。

この前納品が終わった一本は、カッティングもアフレコも出てないが、制作の都合で演出を途中で引き継いだものだったし、新しくもらった仕事の一本もカッティングは監督がやってしまった後で、アフレコからだったし、前シーズンの最終話近くのも、アフレコが終わってから手伝い、みたいなやつだったし、劇場作品もダビング前に呼ばれて…、だったし。いや、2か月前(だったか?3か月前だったか?)に最初から普通にかかわってる仕事でカッティングありました(やっと今度ダビングだ)けど、演出に不可欠な栄養素であるカッティング成分が足りない、このままでは欠乏症になってしまう…、というところで救われた。演出(後処理ともいわれる実作業)でカッティングがない、てのは決定的に物足りない仕事なんです。コンテ撮だろうが何だろうがいいから、カットをつないだ状態にする工程、これがないと仕事にならないというか、演出による作品の「支配」、という点で欠けた仕事になってしまう。

パチンコやパチスロのアニメ仕事なんか本当につまんない。一部のキメのムービー以外編集作業が入らないですからね。

そうは言っても、自分がやってきた仕事では結構「演出が逃げた」「降ろした」とかの理由で途中乗車、ってのは多いです。するとすでにコンテの絵でカッティング済ませてあります、とかアフレコ終わってます、ダビング前差し替え用の素材何とか作ってください、みたいなこともよくあるわけですが。また、人の仕事を引き継ぐ、ということに関しては、すでにあるものに足りないものを足したり、変更を加えてゆくという別のおもしろさもあり、決して劣った種類の仕事ではないと思いますが、それでも、こう一杯カッティングがない、ってのが続くとイラついてくる。まあちょうどよいところで入ったなと。

監督もノリノリで1分45秒オーバーから始まって、3時間で終わり。「いい話数になったねー」と言葉も頂いたので、このまま走ってゆきたいですね。