瓦礫の中のゴールデンリング

プロフィールはこちら https://profile.hatena.ne.jp/mitahiroshi/

楽しいお仕事。

処理しかやらない人って、なににやりがいを感じてるんだろ
まぁ、やりがいは人それぞれなんだろうが、コンテ切らないで演出やって楽しいのか

 てなことが某巨大掲示板の「糞演出家を晒すスレ」に書き込まれてます。

僕は今もコンテの仕事を求めていないわけではないし、名刺にも「アニメーション演出/絵コンテ」としておりますが、絵コンテの仕事は10年以上やってません。端的には依頼が来ないから。なぜ依頼されないのかははっきりは分かりません。月一本コンテをやるんだ、と課してた時期もありましたが、続きませんでした。次から次へと「処理」だけの仕事で忙しくなってしまって常態化するしね。

で、コンテ切らないで演出やって楽しいのか?、というならまあ楽しいですよ、と思います。

絵コンテによる画面のコントロールこそが演出なのだ、あるいはコンテと処理両方一括でやってこそというファンダメンタルな意見もそれはそれで正しいと思いつつ、じゃあ例えば「後処理」の実作業をしないでコンテだけ切って楽しいの?って感じ。楽しいとは思いますが。それと同じ。

現実に「コンテ」と「処理」に分けられている前提があって、どっちかが(とりわけ「処理」と呼ばれる演出の実作業が)やりがいを感じられないほどにくだらない、価値のないものだろうか?問う方もそうは思ってはいないだろう。

僕が演出の作業で一番楽しいのはカッティング(編集)です。ある面ではコンテを描くより、「楽だ」という意味ではなく楽しい工程だと思ってます。一番面倒でやりたくない作業は(演出ならみんなそうじゃないかと思うが)リテイク処理(やらないとは言ってない)。そして仕事は、当たり前だが楽しみとやりがいばかりでできてはいないのだ。

絵コンテと演出を分ける、というのは演出家の(やりがいがあるかとかそういう)問題では実はなくて、制作体制だったり、制作の発注の問題で、「処理屋」だつって馬鹿にするなら仕事出すな、とも思います。だって他人の描いたコンテの処理をすることを求めてるのは制作じゃないですか。あの掲示板に書き込んでいる人たちは(発注者の立場を代弁する人が多いので)大半制作だと思いますから、そのことは顧みてほしいものです。

暑いねえ。

すっかり暑くなってきて、自転車漕ぐのがしんどい季節になってきました。でも仕事は続くのだ。

1年ちょっと前、50歳になってしまい、どう数えても人生の中で稼働時間の半分は過ぎたなあ、まだ何も成し遂げていないのに、とこれまで生きてきた時間よりこの先は短いのだから、毎日を大切に生きていきたいと思いますよ。

いつの間にやら。

1月と2月で5本、テレビで演出担当した作品が流れるという(うち2月末の1本はまだ作業中。たぶんぎりぎりまでかかる)、よく分からん状況です。昨年春に納品して宙ぶらりんになってたやつとかも含んでですが。仕事はあるに越したことはない。ありがたいことです。

最近のお仕事。

今年は結構仕事してた。

昨年末から某長寿シリーズのレギュラーが入ってくれたので、家計的には非常に助かっています。当てのない個人事業主なので安定したシリーズの仕事は正直喜ばしい。

秋番組では1本演出。あと1本、クレジットに出ない仕事でコンテ撮のタイムシートをつける、というのをやりました。両方とも大急ぎの仕事でしたが、もう放映されました。

現在レギュラーと並行して、1月番組のシリーズ2本が作業中。さて来年はどうなることやら。

終末の世界で。

毎日ブログ書いてた頃が懐かしいなあ。…というわけで久しぶりに。

現在3本お仕事が動いていますが、内2本は停滞してます。

ご多聞に漏れずウイルスさんの猛威のおかげで、スタジオが動いてなかったり音響作業が止まってたり。

4月番組の後半の話数作ってますが、ダビングが延び延びになってていつできるのか、予定通りの放送ができるのか謎です。結構制作期間が長い作品だったのがずるずると伸びてゆくという。

既に定番作品は再放送シフトに入り、1クールの作品は次のクールにとかなってますが、春の番組を夏に付け替えてそれで終わるかというのも大いに疑問です。一部で、元々の夏番組と合わせて豪華な布陣になるという期待もあるようですが、夏までにどうにかなっているとは思えないというのが実感です。テレビアニメの放映の状態が元に戻るには少なくとも半年、もしかしたらウイルスがひと段落しても制作や放映、配信の元の形態には 戻れないかもしれません。

また廃業せざるを得ない会社、人が多数出てくるのではないかと思っています。

確かな見通しは誰にもありません。フォースとともにあらんことを。

 

 

最近始まった新しい仕事が荻窪の会社から東久留米の会社にグロスに出されてるもので、話が来たときはあまり乗り気じゃなかったんですが(荻窪の方がだいぶ前に書いたゲーム原作のPVで途中下車したところだったので向こうの心証が悪かろうと)、制作にも過去の事情があるけど…と正直に話したのだが、別に気にしてないらしくそのままスルー。制作プロデューサーも同じ人だし、ユルイ業界だなあと改めて感じています。まあ、あの時の作品自体上がってきた原画の素材がユルユルでどうしようもなかったり、美術設定が2枚しかない、3Ⅾと2Ⅾを組み合わせるカットの方法が決まってなくて、打ち合わせもしてないし、と足らないものだらけの状況だったので一方的に気にすることじゃないかもしれないが。